2018年2月12日 (月)

テスター

<115>

 電気機器、電気設備の状態をチェックするための検査器具、テスター(マルチメータ)です。
電圧、電流、電気抵抗を測定することができます。
私は家庭では主に電池(バッテリー)の電圧測定に使用しています。
配線の導通のチェックにも使います。
価格は以前は1万円を超えていましたが、現在は千円台で購入できます。
ただし、製造国やメーカの表示がありません。
仕事で使うのは日本製ですが、家庭で使うのはこれで十分です。

Photo

2018年2月11日 (日)

仕事用のバッグ

<114>

 仕事用のバッグを紹介しよう。
外装はナイロン製である。
幅42cm、高さ31cm、奥行き15cmと収納力は十分である。
荷物が多く入るので、取っ手には大きな力がかかるが、取っ手の下には金属バーが埋め込んであり、荷重に耐える構造になっている。
もう20年以上使い続けているが、破損などはなく頑丈なバッグである。
メーカーはスイスのスペリオール社である。
長く使えるバッグはありがたい。

Photo


2018年2月10日 (土)

パソコン用手帳

<113>

 パソコンのそばに置いて使う手帳です。
パソコンを使用していて、メモを取りたいことがよくあります。
これまで、情報カードや付箋紙を使っていたのですが、紛失しやすいので、手帳に書き込むことにしました。
カバーにノートを差し込む方式なので、ノートは交換可能です。
 カバーは人工皮革のクラリーノです。
人工皮革もいくつか種類があります。
 もっとも多いのは塩ビ系のものですが、可塑剤がしみ出してきて、ベトベトになったことがあります。
 ウレタン系のものは加水分解して割れが生じます。
ポリエステル系のものは柔らかく、コシが弱いです。
クラリーンは丈夫で、可塑剤がしみ出すことはありませんが、少し硬いです。
やはり天然の皮革が最上ですが、価格が高いです。

01


02


03

2017年12月29日 (金)

小型セカンドバッグ

<112>

 革製の小型セカンドバッグです。
もう40年以上愛用しています。
サイズはW210mm×H140mm×D50mmと小型です。
マルエムマツザキ製で、外観はくたびれていますが、丈夫で傷みはありません。
手帳やスマートフォンを収納しています。
皮革は柔らかで手になじみ、感触がとても良いので手放せません。

Matsuzakia


Matsuzakib

2017年12月24日 (日)

カード型電卓

<111>

 カシオの超薄型電卓です。
型番はSL-850で、厚さは何と1mmです。
もうかなり昔に発売されたものです。
実はこの前身のSL-800は厚さが0.8mmの世界で最も薄い物でした。
 30年ほど前に、私はそれを購入して、手帳のポケットに収納していました。
ところが、残念なことに出張先で手帳とともに紛失してしまいました。
今回SL-850を入手し、再び手帳に収納して使用しています。
 スマートフォンに電卓が入っているので、それを使えばよいと思う方が多いと思います。
ところが、スマートフォンは通常バッグに入れていますし、スマートフォンは起動時にパスワードの入力が必要で、電卓を表示するのに数分間の時間が必要です。
 手帳は上着のポケットに入れているので、1分以内に電卓を取り出せます。
私にとってこの差は小さくないのです。
私は風力発電の仕事をしていて、メールでスマートフォンに発電量が表示されます。
その発電量を見ながら、電力料金を計算できます。
これもスマートフォンの電卓ではできないことです。
電卓を操作して、「昨日は***百万円もうかった。」などとほくそえむのです。

Casiocard01


Casiocard02


Casiocard03


Casiocard04


Casiocard05

ミニカレンダー

<110>

 来年のミニカレンダーを入手しました。

手帳のポケットに入れておくと便利です。

カレンダーは携帯電話でも参照できますが、起動のパスワードが必要など面倒です。

このカレンダーなら日程のある日はペンでマークを入れることも可能です。

デジタルが万能というわけではなく、こういうアナログツールも手放せません。

2018

2017年12月 4日 (月)

普通のボールペンがタッチペンに

<109>

 私のスマートフォンは少し前の機種、ソニーのエクスペリアZ2です。
この機種は普通のボールペン(ボディが金属製のもの)がタッチペン(入力ペン)として問題なく使えます。
しかも指先で入力するよりも誤入力が少なく、精度がよいので、とても便利です。
ただし、スマートフォンでも i-フォンでは使用できません。

Img_4109

2017年11月23日 (木)

スマートフォン用ケース

<108>

 スマートフォン用のケースが劣化してしまいました。
フェークレザーですが、恐らくウレタン系のものでしょう。
ウレタン系の人造レザーは加水分解して劣化します。
特に手が触れる部分の劣化がはげしいです。
汗の水分で分解したのでしょう。
 新しく購入したケースもフェークレザーですが、こちらはPVC系のようです。
PVC系のレザーは耐久性はあるものの、可塑剤がしみ出してベトベトになることがあります。
そうならないことを祈るばかりです。
皮革はやはり天然レザーが耐久性に優れています。
 背面にはボールペンを、ポケットには情報カードをしのばせており、電話中にメモをとることも可能です。

A

B




2017年10月15日 (日)

2018年用日記帳

<107>

 私は毎日日記を付けています。
仕事、個人、社会の3つについて記事を綴っています。
日記帳は博文館の3年連用手帳革製を使っています。
この手帳は堅牢でフラットに開き、しかもパスポートサイズに近く、スマートフォンともほぼ同サイズです。
 昨年も同じ手帳でしたが、2015-2017年用でしたから、今年2018-2020年用を購入しました。
3年連用日記は一昨年、昨年の今頃何をしていたのかがわかり、とても便利です。

Yeara

3yearb


スケジュール管理用手帳2018

<106>

 来年の手帳が販売され始めました。
昨年からスケジュール管理用手帳はパスポートサイズのものを使っています。
このサイズの手帳はミドリのトラベラーズノートとレイメイ藤井のスポルディングがありますが、私はスポルディングを使用しています。
 2018年用のレフィルを入手しました。
見開き1カ月の見やすいものです。
私の場合、時間単位のスケジュール管理は不要なので、この手帳が使いやすいです。
左側にスケジュール帳、右側にメモ帳を配置し、ポケットにポストイットと名刺を収納しています。
このコンパクトな手帳があれば私は安心します。

Passporta_2

Passportb


«カシオペアA60と卓上ランタン