« 新年のご挨拶 | トップページ

演奏 ヴァン・スヴィーテン・ソサイアティ 録音 2014年 

<CD 420>

 しばらく振りにBLOGを更新します。
オランダのピアノ五重奏による珍しい演奏です。
編曲はベートーヴェンの弟子のフェルディナンド・リースです。

指揮 なし
演奏 ヴァン・スヴィーテン・ソサイアティ
録音 2014年3月
編曲 フェルディナンド・リース
ヴァン・スヴィーテン・ソサイアティ
 オランダのピアノ五重奏団、古楽器を用いた演奏で、バロック、古典派からロマン派前期までをレパートリーとする。
メンバー5名のうち3名は女性である。
フォルテ・ピアノ Bart van Oort
ヴァイオリン   Helen Hulst
チェロ      Job ter Haar
フルート     Marion Moonen
ヴィオラ     Bernadette Verhagen

フェルディナンド・リース
 ベートーヴェンの弟子で、ベートーヴェンの伝記の作者として知られている。
波乱万丈の人生を送ったが、作曲家として多くの作品を残している。
その多くは世の中から忘れられていたが、1990年代になって、見直しが行われている。

第1楽章 14'12"
第2楽章 12'36"
第3楽章   6'16"
第4楽章 11'32"  
合計      44'36"

 第1楽章はおおらかに始まり、演奏形態からしてサロン風の演奏で、オーケストラによる演奏のような雄渾さはないが、ベートーヴェンの時代の演奏を彷彿とさせる演奏である。
まったく、心地よい演奏である。
 第2楽章は始めはピアノが主役であり、リストの編曲による独奏と同様、モノトーンの響きが心を揺さぶる。
他の楽器が追随し、美しく物悲しい演奏が連綿と続く。
後半の怒りの旋律はさすがに迫力がないが、ここでもサロン風の演奏を楽しむことができる。
 第3楽章は演奏形態が最もマッチした楽章である。
スケルツオのリズムをピアノが奏でて、途中から他の楽器とのコンビネーションが絶妙に展開される。
編曲と演奏の両方が優れている。
 第4楽章はこの演奏形態ではこの楽章のもつ特色をうまくカバーできていないように感じるが、これは致し方ないであろう。
原曲のもつ迫力が編曲と演奏の力の限界を超えているように感じた。

 このCDはベートーヴェンの時代のサロン風の演奏を楽しむためのものである。
その目的は十分に達成されている。
現代のフルオーケストラによる演奏と比較してはいけないのである。

CD420,van Swieten Society,2014 Recording

Vansa

|

« 新年のご挨拶 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148790/65203371

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏 ヴァン・スヴィーテン・ソサイアティ 録音 2014年 :

« 新年のご挨拶 | トップページ