« 指揮 堤 録音 1997年 | トップページ | 新年のご挨拶 »

指揮 ブリュッヘン 録音 2005年

<CD 417>

指揮 フランス・ブリュッヘン
演奏 18世紀オーケストラ
録音 2005年8月 ライブ

フランス・ブリュッヘン
1934年~2014年
オランダ アムステルダム生 リコーダーの名手として活躍したが、1981年に18世紀オーケストラを設立し、指揮者として演奏活動を続けている。
レパートリーはバロックから前期ロマン派までである。

18世紀オーケストラ
 18世紀オーケストラはブリュッヘンにより設立された楽団で、オランダのアムステルダムを拠点に活動している。
楽器はすべて古楽器を用いている。
団員は16名に過ぎない。
日本人らしき名前、Natsumi Wakamatsu(1st Violin)とYoshiko Morita(2nd Violin)2名がある。
 
第1楽章 18'17"
第2楽章 12'44"
第3楽章   5'38"
第4楽章 11'49"
 合計   48'28"

 第1楽章は折り目正しく、格調の高い演奏である。
しかも中盤以降は骨太で激しい演奏である。
 第2楽章は過剰な演出はなく、淡々とした出だしであるが、格調が高く奥行きのある演奏である。
中盤以降は目を見張るような深みのある厳しい演奏で、地の底から悲しみの叫びが聞こえてくるかのようだ。
 第3楽章は快速なテンポで、はつらつとしていて、かつシャープな演奏である。
 第4楽章は立体感、躍動感にあふれ、彫りの深い演奏である。

 今年、惜しくも亡くなられたブリュッヘンの追悼盤とも言えるCDを入手した。
ショパン協会によるもので、ワルシャワにおけるライブである。
ブリュッヘンらしい彫りの深いしっかりとした構成で、厳しさもある演奏である。
 18世紀オーケストラは通常の約1/4のわずか16名で構成されているが、小編成とは思えない豊かでしっかりとした音は見事である。
 2014年はクラシック界の巨匠が多く世を去った年であった。
1月にアバド、6月にデ・ブルゴス、7月にマゼール、8月にブリュッヘン、9月にホグウッドが亡くなられた。
これらの巨匠達が名演奏を多く残されたことに感謝しつつ、ご冥福をお祈りする。

CD417,Frans Brüggen,18th Century Orchestra,2005/8,Live Recording

2005

|

« 指揮 堤 録音 1997年 | トップページ | 新年のご挨拶 »

コメント

明けましておめでとうございます。昨年は、たびたびおじゃまし、楽しい記事を読ませていただきまして、ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

お書きになっている通り、昨年も名指揮者が数多く亡くなりました。寂しい限りです。ただこれは世の常であり、逆に新しい星が誕生していることも事実です。彼らに期待しましょう。

さて、我が群響も、今年創立70周年を迎えます。記念すべき年であり、地方文化の宝として、益々の発展を念じています。それには、我々聴く側の努力も求められていると言うことです。私自身の音楽ライフへの努力を惜しみません。

投稿: バルビ | 2015年1月 1日 (木) 14時29分

バルビ様、明けましておめでとうございます。
昨年は当BLOGを応援して下さって、ありがとうございます。
群響の活躍はうらやましいです。
当地はアマチュアのフィルハーモニーはありますが、プロの楽団というと、福岡市に拠点を置く九州交響楽団になります。
年末には森口さんの指揮で地元で第9を聴きました。
ソロと合唱はすべて地元の人でした。
今年はN響を下野さん指揮でドボルザーク8番を、竹澤さんのVnでメンデルスゾーンのVn協を聴きます。

投稿: Shinmatsu | 2015年1月 1日 (木) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148790/60894395

この記事へのトラックバック一覧です: 指揮 ブリュッヘン 録音 2005年:

« 指揮 堤 録音 1997年 | トップページ | 新年のご挨拶 »