« 指揮 シュタイン 録音 1985年 | トップページ | お知らせ »

指揮 ミンチュク 録音 2009

<CD 408>

指揮 ロベルト・ミンチュク
演奏 カルガリーフィルハーモニー管弦楽団
録音 2009年 ライブ

ロベルト・ミンチュク

 ブラジル生、ウクライナ系ブラジル人。
早熟のフレンチホルン奏者として10代で活躍。
クルト・マズアに認められ、ライプチッヒゲバントハウス管弦楽団に迎えられる。
ブラジルに帰国後、指揮法を学び、1998年にニューヨークフィルを指揮してデビュー。
2002年にニューヨークフィルの副指揮者に就任。
以後欧米の主要なオーケストラに指揮者として招かれる。
現在、カルガリーフィルハーモニーの音楽監督を務める。

カルガリーフィルハーモニー管弦楽団
 アルバータフィルハーモニーとカルガリー交響楽団が合併し、1955年に設立された。
クラシックだけではなくロックなど、ジャンルにとらわれず、年間80回の演奏会をこなす。

第1楽章 14'18"
第2楽章 13'32"
第3楽章   5'47"
第4楽章 11'33"
 合計   45'10"

 第1楽章は、快速なテンポ、歯切れの良いリズムのハイテンションな演奏で、とても勢いがある。
音量やテンポの変化は少なく、緊張感を維持した演奏が続く。
 第2楽章もテンポや音量に変化をつけず、力強く、骨太の演奏である。
柔らかさや情緒を排除した剛直な演奏に終始する。
 第3楽章も快適なテンポで、リズムが明瞭で、勢いのある演奏である。
 第4楽章もハイテンションの演奏が続く。
オーケストラもしっかりと指揮者に追従していて、速いテンポや高音量でも乱れず、最後まで緊張感を保った演奏に終始する。

 小細工を労さず、剛直で勢いのある演奏である。
男性的なエロイカと言える。
オーケストラもよく鳴っている。、

CD408 Robert Minczuk,Calgaly Philharmonic Orchestra;2009 Live

Minczuk

|

« 指揮 シュタイン 録音 1985年 | トップページ | お知らせ »

コメント

ミンチュクとカルガリーフィルというのは、はじめて聞いた名前です。演奏は素晴らしいようですね。この2つの名前は記憶しておきたいと思います。

台風がまた来るようですから、どうぞお気をつけ下さい。

我が群響。来週末10月4日(金)に、東京公演を行います。今回はオペラシティ(新宿)での初公演です。私も追っかけて行こうと思います。エルガー第2交響曲他。

投稿: バルビ | 2013年9月25日 (水) 22時56分

カナダの楽団のエロイカCDはこれを含め4枚目です。
カナダもクラシック音楽がよく聴かれるようです。
群響も相変わらず頑張っていますね。
一度聴いてみたいものです。
私は先日、福田進一さんのギターリサイタルに行きました。
バッハの無伴奏チェロ組曲のうち4曲を演奏していました。
どれも難曲ですが、見事でした。

投稿: Shinmatsu | 2013年9月26日 (木) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148790/58257716

この記事へのトラックバック一覧です: 指揮 ミンチュク 録音 2009:

« 指揮 シュタイン 録音 1985年 | トップページ | お知らせ »