« 指揮 セル 録音 1963年 | トップページ | 指揮 ピフィツナー 録音 1929年 »

指揮 フリート 録音 1927年

<CD 405>

指揮 オスカー・フリート
演奏 ベルリン国立歌劇場管弦楽団
録音 1924年

オスカー・フリート 1871~1941年

 ベルリン生、ドイツ人の指揮者、作曲家。
家庭が貧しかったため、様々な職業に就きながら、音楽の勉強を続ける。
 1901年に自作の作品がベルリンフィルの演奏会で取り上げられ、注目される。
1905年からベルリンフィルやベルリン国立歌劇場管弦楽団を指揮し、音楽家としてドイツ音楽界の頂点に立つ。
この頃マーラーの交響曲の全曲録音を達成するなど活躍する。
第2次大戦が始まるとナチスに追われトビリシに亡命後、しばらくして音楽活動を再開するが、やがて病気で波乱の人生を終える。

ベルリン国立歌劇場管弦楽団

 1742年に初回の演奏会をもったという記録をもつ250年以上の歴史をもつ楽団。
東西ドイツに分断されたときは東ドイツに属していた。
戦前はE・クライバーやフルトヴェングラーなどが指揮台に立ち、戦後はコンビチュニー、スィトナー、バレンボイムなどが音楽監督を務めた。

第1楽章 14'57
第2楽章 15'18"
第3楽章   4'00"
第4楽章 11'27"
 合計   45'42
 
 第1楽章は、気負いがなく、穏やかかつ軽快な演奏で、録音状態が良くないことにも起因しているであろうが、大変ノスタルジックな印象である。
この楽章全体を通して、よどみのない流れの良い演奏である。
 第2楽章も穏やかな演奏で、やはりノスタルジックでしみじみとした味わいがある。
中盤から終盤にかけても自然な演奏で、無理がない。
 第3楽章はとてもテンポが速い。
リズムも躍動感にあふれている。
中盤はゆったりしたテンポに変わるが、終盤はまた速いテンポとなる。
 第4楽章も気負いがなく、整然としていてオーソドックスな演奏だ。
ただし、テンポをうまく変化させ、決して単調と感じることはない。

 オスカー・フリートは長い下積みで苦労した後、突然ドイツ音楽界の寵児となって脚光を浴びる存在となったが、この演奏はそういう時期にもかかわらずおごりや気負い、華やかさはなく、実に堅実なものだ。
90年近く昔の録音なので、音が貧弱でノイズも多いのは致し方ない。
しかし、このような録音が残されているのはとてもありがたく、貴重な存在である。

CD405 Oscar Fried,Staats Kapelle Berlin;1924

Fried

|

« 指揮 セル 録音 1963年 | トップページ | 指揮 ピフィツナー 録音 1929年 »

コメント

フリートの名前は知りませんでした。このような人がいたんですね。調べてみると、クーセヴィツキーが1874年の生まれだそうですから、彼と同じ世代なんですね。貴重な録音があったものです。


当方、来週末は群響定期で、パスカル・ヴェロさんの指揮によるシューベルトの5番他を聴きます。楽しみです。5月の定期では、久々に御大秋山和慶さんが登場して、シューマンのラインの素晴らしい演奏を披露してくれました。

投稿: バルビ | 2013年6月 5日 (水) 18時55分

波瀾万丈の人生を送った人ですね。
2つの戦争で運命が大きく変わった音楽家も多いですが、この人もそうです。
パスカル・ヴェロさんは知りませんが、シューベルトの5番は好きな曲の一つです。
秋山さんはタクトさばきが見事ですね。


投稿: Shinmatsu | 2013年6月 5日 (水) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148790/57522780

この記事へのトラックバック一覧です: 指揮 フリート 録音 1927年:

« 指揮 セル 録音 1963年 | トップページ | 指揮 ピフィツナー 録音 1929年 »